理想の結婚式を実現させるために

雰囲気を知る

下見に行く時間帯について

結婚式場を決める時は、下見に行くのが基本とされています。結婚式場の下見をする際は、前もって予約をとってから行くことです。予約をせずに行くと、会場が使用中で見学ができなかったり、担当者不在で断られてしまう可能性が高くなります。 下見に行く時間は、できれば自分たちが式をしようと考えている時間と同じ時間帯に行くようにすることです。昼間に結婚式をしようと考えているなら、昼間に下見に行くことが基本になります。 会場の雰囲気だけを見ていてはいけません。自分たちの希望が叶うかどうかもチチェックする必要があります。結婚式場の下見では、担当者が一人ついてくれて会場を案内してくれます。その担当者に質問してみることです。

仮予約やキャンセル料

結婚式場の下見をして気に入ったら、その場で仮予約ができるところがほとんどです。カップルの多くは、仮予約をしてその間に他の会場の下見に行ったり、家族に相談したりします。そして、仮予約した結婚式場が良いと判断したら、正式な申し込みをすることになります。キャンセルする場合は、キャンセル料が必要になると考えるかもしれませんが、仮予約の場合はキャンセル料がかかることはほぼありません。 正式な申し込みをした後にキャンセルする場合は、キャンセル料が発生します。キャンセル料の規定は会場によって違いますが、見積もりの何パーセントと言う形で請求されることが多いです。キャンセルする場合は、少しでも早く連絡するようにしましょう。